節税manual 【4年落ちベンツの中古車を会社の経費で買う】

節税額を大きくするなら中古を買おう

節税manual 【4年落ちベンツの中古車を会社の経費で買う】 会社の経費でベンツを買う場合、
新車は6年で減価償却をしてゆきます。が、中古車の場合はどうでしょう。

例えば700万円の中古ベンツを期首に購入(使用期間12ヶ月)した例で考えてみましょう。上記のように4年落ち中古車の場合の耐用年数は2年ですので、2年間かけて減価償却することになります。

当期の減価償却はいくら計上できるでしょうか?

答えは700万円です。

このような中古資産の減価償却期間は下記のように決まります。

(新品の耐年数)+(経過年数)×20%)=中古車の耐年数

この式を2年経過している車の場合で計上すると・・・

【6年(新品の耐用年数)-2年(経過年数)】+【2年(経過年数)×20%】=4.4年

月単位の端数は切り捨てになりますので2年落ち中古車の耐用年数は4年です。同じく3年落ちの場合だと3年。4年落ちの場合は2年になります。

実は耐用年数2年の償却率は 1.000% なんです。

つまり全額をその年の経費とすることができるのです。(実際には上記の例の場合、1円の帳簿残高が残ります)新車なら仮に1,500万円のベンツを買っても初年度に償却できるのは440万円弱ですから、節税効果の高さがよくわかると思います。

また、「中古車を買うなら4年落ち車が節税になる!」という言葉を聞きますがそれはなぜでしょう?

節税manual 【4年落ちベンツの中古車を会社の経費で買う】 では「4年落ち」とは言われていますが、実際には何年何ヶ月経過すると耐用年数が2年と計算できるのでしょう?

上記の説明でもあったように月単位の端数は「切り捨て」になるというのがポイントです。つまり2.999年も2年ということになるのです。

さてそのギリギリの数字は・・・

ズバリ!

3年10ヶ月です。

これを先ほどの数式に当てはめてみましょう。

【6年(新品の耐用年数)-3年10ヶ月(経過年数)】+【2年(経過年数)×20%】

⇒【72ヶ月-46ヶ月】+【24ヶ月×20%】=35.2ヶ月

⇒35.2ヶ月 ÷ 12ヶ月=2.933年

⇒端数切り捨てで2年!

当期の節税額を大きくしつつ、少しでも年式の新しい中古車を・・・と考えた場合は、
新車登録から3年10ヶ月経過した中古車を買うのがお得です


Topics

中古車の売却で損しない為の方法

うちで中古車を新規に購入するとしたら、まずは今あるアルファードを売りますね。買取業者の一斉査定ができるカービューとか、なびくるとかで買取してもらいますね。

節税の為に中古車を買うなら4年落ちが良い理由。中小企業経営者がベンツやBMWを会社の経費で買うなら決算前?後?ローンか、リースか?どっちがお得?その年、損金処理できる減価償却費を多くしたいなら…
経営者にとって「消費税」というのは非常に厄介者です。 売上に含まれる消費税分は「国に払うべき税金を預・・・消費税の節税あれこれ

Copyright (C) 2011 節税manual 【4年落ちベンツの中古車を会社の経費で買う】. All Rights Reserved. [admin]